MENU

宅配クリーニングおすすめ比較ランキング!自分に合った宅配クリーニング会社を選びましょう!

 
高品質な宅配クリーニング【リナビス】
おせっかいなおばちゃん職人たちの高品質宅配クリーニング会社<リナビス>

おせっかいなおばちゃん職人たちの高品質宅配クリーニング会社<リナビス>

リナビスは、あまり聞き慣れない名前かもしれませんが、それもそのはず会員数1万人限定で宅配クリーニングを行っているのです。リナビスではクリーニング歴40年以上のベテランの職人たちが、高品質なクリーニングを行っているのが大きな特徴の1つです。他の所ではかけない手間をかける、「おせっかい」を売り文句にするほどのこだわりを持ち、素材や汚れ具合等に応じて、20種類の洗い方に分けて最適な処理を行っています。

  • 一万名様限定制度で品質に特化したサービス!
  • 創立55年の老舗クリーニング会社が運営しているので安心!
  • しみ抜き・衣類の修繕・6か月間の保管が無料!
  • 送料無料で最短5日で全国対応!

リナビスでは生地を大切にするため自然乾燥を基本としており、乾くまでに平均2日はかけており、1点1点の手仕上げにもこだわっています。その他にも、送料無料・リピート割・保管無料等のサービスがあり、衣類の点数に応じて、シミ抜き無料・リピート割・点数対追加OK・撥水加工・汗抜き加工・ハンガーサービスボックスのサービス割等、オプションサービスも含めた多くの特典を用意しています。初回コース・5点コース・10点コース・20点コース等のコースもあります。
丁寧なクリーニング店にお願いしたい方はこのリナビスがお勧めです!当サイトからの申し込みも一番です!

 

丁寧なクリーニング店にお願いしたい方はこのリナビス!

 

TVで話題沸騰!今流行の宅配クリーニングについて!

 

クリーニングは、衣類を店舗に持っていって依頼するのが一般的ですが、最近は1人暮らしの会社員や子育て・介護で忙しい人、重い絨毯や布団のクリーニングに困っている人たちを中心に、宅配クリーニングを利用する人たちが増えています。そこでここでは、この宅配クリーニングの特徴についてお話していきたいと思います。

 

宅配クリーニングとは従来の利用者が店舗に持ち込む形ではなく、店舗側が利用者の自宅や会社に出向いて衣類の集配をし、クリーニングが済むと、それを又利用者の家に配達するサービスのことです。大半のサービスはクリーニング店が行っていますが、徐々に宅配クリーニング専門のサービス会社も出てきており、遠隔地の場合は、宅配便か運送業者が集配と配達を代行していることもあります。

 

お店に電話一本すれば衣類をとりに来たり、インターネットから注文をして専門のバッグを届けてもらい、バッグに詰めた洗濯物を、又宅配業者なり店舗の担当者なりがとりにくるというのが、平均的な宅配クリーニングの仕組で、保管サービスをセットてつけてくれる所もあります。保管サービスとは利用者に代わって店側や業者側で、一定期間クリーニングした衣類を保管しておくサービスのことです。

 

宅配クリーニングには2つのタイプがあります。1つは都合の良い日時に宅配業者に連絡して、洗濯物を引き取りに来てもらって指定先へ届けてもらい、クリーニングが済んだ衣類も宅配業者が宅配してくれる「代行型宅配クリーニング」です。宅配業者は全国にいるので、全国どこからの依頼にも対応出来るのが大きな特徴です。当然宅配業者はクリーニングの専門家ではありませんから、その場で申込者やカウンセリングをすることは出来ません。従って代行型サービスでは、細かい注文は洗濯物が店や会社に届いてから、電話やメールで行うことになります。

 

もう1つは店舗や会社のHPやチラシ等から、電話やメールで注文したうえで、店の社員やクリーニング師に引き取りに来てもらい、クリーニング後に又店の人が届けてくれる、「直接型宅配クリーニング」です。こちらは引き取りもお届けも店の担当者、つまりクリーニングの専門家であることと、実店舗をメインとした限られた商圏内のビジネスであることが特徴です。代行型と違って、シミやボタンの脱落や穴あき等がある場合、前以て伝えておくことも可能です。

 

衣服の他に先程もお話したように、カーペット・カーテン・布団等の大きいものをやってくれる所もあります。個人の店で行っているケースもあり、定期的に指定された曜日と時間帯に集配にくる形で、サービスを行っている所もあります。殆どの店舗や会社では、従来のクリーニングのクオリティを保ちつつ、ほぼ同じ料金でクリーニングを行い、割引やパック等のお得なサービスを行っている所もあるので、宅配クリーニングの需要は益々高まっていると思われます。

 

宅配クリーニングとクリーニング店舗との比較について

 

今は店舗型の従来のクリーニングだけでなく、家にいながら利用出来る宅配型のクリーニングを利用する人も増えてきていますが、この2つのタイプのクリーニングには、どんな違いがあるのでしょうか。ここではこの、2つのクリーニングのシステムや特徴の違いを比較しながら、お話していこうと思います。

 

まず1つ目の違いは申込み時間の問題です。店舗型では営業時間が限られていますから、忙しくても営業時間に合わせて、衣類等を持参しなければなりません。一方宅配型では店舗までは行かず、自分の都合のいい時間に洗濯物を出すことが出来ます。ネットやファックスでの申込みは、いつ行っても構いません。一部ではありますが夜間受け付けている所や、コンビニ持込受付OKという所もあります。文字通り、いつ申込んでも対応してもらえるということです。

 

2つ目の違いは待ち時間の問題です。店舗型では持って行ったりもらいに行ったりする手間がかかり、場合によっては待たされることもあります。それに対して宅配型は、出すときも受け取るときも出かける必要がなく、手軽に依頼することが出来ます。3つ目の違いは洗濯物の量の問題です。店舗型では例え車で持って行くにしても持ち運びが大変ですので、一辺に沢山頼むことが難しいと思います。それに対して宅配型では、洗濯物は家に来てくれて全て運んで行ってくれますから、沢山頼むことも出来ますし、忙しい一人暮らしの人や妊婦さん、或いは子育てや介護で家を開けられない人でも、安心して利用することが出来ます。

 

4つ目は利用価格についてです。これは今は店舗型でも宅配型でも、それほど変わらないと言われていますが、店舗型よりは宅配型の方が、まとめて頼んだときの割引率が高いので、お得であると言われています。宅配クリーニングではパック料金を設定している所もあり、初回割引やリピート割引等、多くの特典があるからです。つまり同じ料金でも、サービス料込の宅配型の方が、お得であるということです。5つ目は納品の問題についてです。これもどちら3日から7日で変わりはないのですが、宅配型では持ち運んでもらったり、クリーニング済の衣類を家まで持ってきてもらう分、時間がかかります。ですので店舗や会社によっては、急ぎのものには対応していない所もあります。普段使いのものは宅配で、急ぎのものは店舗で、という使い分けをすると良いかもしれません。

 

6つ目は品質についての問題です。これについては、どちらも遜色はないそうです。とは言え人間のやることですので、どちらでも注文通りにやってもらえないこともあります。但し宅配型は洗濯物を出すときに、店舗や会社の人が直接とりに来てくれる場合でも、大量に頼む場合は、やって欲しいところの細かいニュアンスが伝わりにくいか伝えきれないこともあり、店舗や会社に着いてから、改めて又チェックしてもらうことになります。宅配業者に代行で運んでもらうシステムの場合は、業者は専門家ではありませんので、店舗や会社側の人とは電話やメールで、やり取りをすることになりますし、もし不手際があったときは二度手間になりますが、その点店舗型なら直接顔を合わせて、じっくり話をすることも出来ます。

 

また店舗型なら、宅配型のように配送に時間をとられることがありませんので、その分早く仕上がり、朝出して夕方には出来ているという形にすることも出来ます。そして店舗型では少ない人数で対応している所もありますので、確実に仕上げてはくれても、きめ細かいサービスは期待出来ないこともあります。一方宅配型でもダンボール箱等に入れて届けるので、どうしてもたたみジワが出来てしまいますが、これは箱から出して、すぐにハンガーにかけて吊るせば問題ないそうです。